途中でやめると精力剤のありがたみがよく分かる!?

4年ほど前、精力剤を飲んでいた時期がありました。続けたのはおよそ2年くらいでして、その間はあまり実感もありませんでしたね。一応朝立ちは毎日していたし、飲んだほうが熟睡していたような気もするのですが…やっぱり毎日飲んでいると、ありがたみを感じにくいですよね?

その結果、私は彼女と別れた直後に精力剤をやめたのです。恋人がいるうちは「やっぱり中折れは怖いし…」と飲むようにしており、実際に中折れしたことはありませんでした。まあ若いし、飲んでなくとも全然OKだと思ったのです。

それから少し経過したら、私にも新しい彼女ができました。その彼女は前の彼女よりも圧倒的に可愛らしく、スタイルも小柄ながら出るところは出ており、あらゆる面で元カノよりも魅力的でした。こんな彼女を作れたら、やっぱりセックスも期待しますよね?

ただ、新しい彼女はちょっとウブなところがありまして、すぐにはセックスできませんでした。処女ではないらしいですが、私で2人目の彼氏だと言っており、まだまだ恥ずかしさがあるらしいです。これは面倒に思えるのですが、「やっぱり女の子は、これくらい身持ちが堅いほうがいいよな」とも考えまして、急かすことはしませんでした。

そして付き合い始めて3ヶ月目にて、ようやくホテルへ行けました。相手も緊張していますが、やっぱりセックスもしたかったみたいで、私も「これまで我慢していたし、処女じゃないなら3回くらいしてもいいよな…」と思ったのですが…。

元カノとは連続で2回くらいしていたのに、今の彼女とは1回で終わってしまったのです。なんとか復活させようとしても上手くいかず、ちょっともったいなく感じました。しかし、それ以上に不思議だったのが「なんで急に回数が減ったんだろう?」という疑問です。

元カノのときとの違い…と考えて、行き着いた答えが『精力剤を使ったかどうか』でした。そう、今の彼女とするときは完全に飲むのをやめており、気分的には変わらないつもりでも、体は正直だったのです。

飲まないからとEDになることはありませんが、長く愛し合いたい場合、やっぱり欠かせないアイテムだと再確認しました。実際にまた飲み始めると2回から3回は求められるようになりまして、ようやく不完全燃焼から脱したのです。

このように、精力剤は飲むかどうかで結構違うため、飲み続けるほうがおすすめですね。依存症とかにはならないし、副作用でも起きない限りは愛用すべきでしょう。少なくとも、私は続けるつもりです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *